柴山かにの取り得と違い

by kegani .

山陰田舎で捕れるズワイガニは、蟹のアクセスを広げるといった松の葉に似ているところから、松葉ガニと呼ばれていらっしゃる。ハイクオリティー蟹として有名な松葉ガニですが、山陰田舎で捕れる松葉ガニにも、捕れる地点による素材の良し悪しがあります。そこで、2000階級7月収からJAS法が改定され、織地付箋を義務づけるようになり、柴山ミナトで捕れる松葉ガニを、柴山蟹として売り渡すことになったのです。
柴山蟹は、UV滅菌をした海水を入れた水槽で生かし、他場所に負けない蟹にかけていらっしゃる。UV滅菌をしていない水槽だという、蟹にいくぶんケガが付いているとそこから雑菌が入ることがあるからです。相場に出回る際には、桃色のタグが付けられてあり、安らか・安全で厳密なチョイスを受けた蟹である証が擦り込みられていらっしゃる。無論、通販においても、ハイクオリティーカニとしての位置付けを保っていらっしゃる。
繊細で柔軟な筋肉を持っている柴山蟹は、味覚も舌ざわりも普通の松葉ガニはひと味違う。