津伊山ガニの特性と違い

by kegani .

津伊山ガニで有名な津伊山ミナトは、兵庫県内城崎温泉の近くにあります。かに陸揚げが解除となる11月収以降の週末は旬のかに目当てのオーディエンスで、城崎温泉宿が満室になるほどです。
日本海立場で獲れたズワイガニの牡のことを松葉ガニと呼びますが、山陰では再び水揚げされたミナトごとに呼称を垂らし、ブランディングを図っていらっしゃる。津伊山ガニは津伊山ミナトで水揚げされたズワイガニのことを指し、日本一のハイクオリティカニともいわれています。城崎温泉の仕事場かにとしても有名で、付けられていらっしゃるタグは青色です。漁船名称も塞がり、クオリティへの自負が感じられます。
津伊山ガニは、水揚げされたミナト近くの宿屋や鮮魚店舗、そうして全国の人気スーパーマーケットなどに卸されていらっしゃる。総締めは少ないですが通販で取寄せもできます。
津伊山ガニは水温の厳しい、エサが豊富な近海で育つ結果、身が軽くなります。またワンデイ漁をする漁船が多いので鮮度が素晴らしく、漁獲量は他の商標カニに比べると安定していらっしゃる。すらりとした長い脚という可愛らしい出で立ちも特色の一つです。湯にくぐらせただけのかにしゃぶやコッテリかにみそも美味しく食べることができます。