かにの数え方といったユニット(肩)

by kegani .

 カニの数え方は、生きている時は1匹、2匹といった数えます。一旦根源になると、
1杯、2杯という数えます。ここには訳ありまして、昔の江戸時から明治のうちまでは、
カニは大量にとれて、今のように割高根源ではありませんでした。そのため、
漁師くんたちも桶都度取引するような症状だったらしいのです。なので1杯、2杯
といった数えるようになったわけです。
 その他の数え方としては、「肩」というのもあります。これは、甲羅を外した状態で、
肩といった脚の割り当てをまとめたときの数え方です。スーパーマーケットでは、このような形で
販売されていますよね。片側のひとまとめを一肩といった数えます。カニ通販では、これで数え
ることが多いようです。但し、容積を敢然とわかりやすく表示するために、最近は
キログラムが使用されることが多くなってきているようです。
 その他、界隈によっても数えほうが異なるようです。1盃、1尾、1個、1枚、内、なども
そんなに間違いではありません。