根室の水揚げ

根室の水揚げ

by kegani .

見た目の良いズワイガニは11年目でどうにか漁をしてもよい重さになることができます。それを根拠に漁業量が少なくなり、資源を絶滅させないようにということで、海域の一箇所一箇所にそれぞれの漁業制限が定められていると聞きます。

北海道の根室が水揚の多い花咲ガニに着目すると道東地方で捕獲され全国的にも絶賛する人がたくさんいる蟹です。豊かな風味とコクが特色の浜ですぐにボイルされたほおばるとプリッと弾力のある肉質は特筆すべきです。

九州の代表的カニはワタリガニ。身が入っている脚の部分はつめだけしかない状態ですが、これとは逆に、甲羅の内側は旨みでいっぱい。くまなく驚かされるほどのコクのある部分がギューギューです。

人気のタラバガニの水揚量の大部分はと言えば北海道という結果です。なので、最高のタラバガニは、北海道より産地直送で対応している通販でお取寄せすることをご提案します。

北海道で水揚げされている毛ガニは、外国産の物と対比させてみると味覚が良くて大きな満足感を得ることになります。値段は高いですが、特別なときにお取り寄せしてみようと考えるなら、オツな味の毛ガニを口にしたいと思ってしまうでしょう。