借金返済に行き詰った時の借金相談

借金相談

自己破産、過払い請求、任意整理、言葉は聞くものの、実際、何が行われるのか?どう行うのか?
お金の問題だけに、身近な人にも聞きにくいものです。

とはいえ、債権者・消費者金融からは督促の電話があり、精神的にもマイッテいる状態という人も少なくないでしょう。

借金返済、完済のポイントは、1日の早く行動に移すことです。
・利息は日に日に増えていきます。
・気持ちはどんどん弱気になり、普通の生活を送る精神状態ではなくなります。

そこで、1つ、目からウロコの情報を紹介します。
催促の電話を止める方法を紹介します。
それは、弁護士や司法書士に間に入ってもらうことです。
代理人が立つことで債権者は直接、あなたに連絡を取ることが禁じられるのです。

その時間を利用して、
払いすぎたお金があれば過払い金返金の要求、借入額の減額、月々の返済金額の見直しなど、資産をはじめ多くの権利を失う自己破産はあくまでも最終手段ですので、生活再建のため今後の返済計画を練っていくということです。

借金相談を行っている弁護士事務所

借金問題は法的手段で解決

借金問題を自力で解決しようという人は珍しくありません。なぜ、自力で解決しようとするのかというと、借金の悩みを家族や友人などに打ち明けたくないから、あるいは、相談出来る相手がいないからという理由が挙げられます。
しかし、仕事量を増やすなどして収入を増やせば解決できる程度の債務であればいいですが、いろいろな貸金業者から借金を重ねている多重債務状態で、債務が年収を大きく上回っているという場合、自力で解決するのはまず無理です。たとえば、貸金業者に連絡をして、元金だけを分割で返済したいといったことを頼んだとしても相手にしてもらえないでしょう。
こういう場合、弁護士に相談するというのがもっとも適切な解決方法になります。個人からの交渉にはまったく乗らない貸金業者であっても、弁護士が仲介する交渉であれば応じてくれる可能性が高いですし、また、弁護士は貸金業者と交渉した経験が豊富なので、適切なアドバイスをもらえるからです。

借金返済@借金返済の悩みQ&A
借金返済の悩みブログ
http://shakkin-life.com/
WEBサイト:http://shakkin-life.com/

借金を返すために一戸建てを手放す場合

もしも多額の借金で首が回らなくなってしまったら、最後は一戸建ての持ち家を売り払ってお金を返すことになってしまうケースは決して珍しくはありません。しかし、これからの自分や家族の生活を考えると、いきなり自宅を手放すのはリスクが大きいと言えます。そんな時には、まずは自宅を担保に不動産担保ローンを組んでみるのも一つの方法です。このローンを使えば、きちんと返済できれば自宅を手放さなくても済むのです。
まずはこのローンで得たお金で借金を返済して、その後、このローンの返済に取り組むのです。もちろん、この返済にも行き詰まってしまったら、その時には最悪の場合、本当に自宅を手放さなくなってしまうのです。しかし、いきなり自宅を売り払うよりは時間的余裕ができるので、少しはマシだと考えられます。
いずれにしても、自宅を手放すのは最後の手段です。まずは他に方法がないか、もう一度よく考えてみるべきです。そして、借金は債務整理で何とかなるかもしれませんので、一度、弁護士などの専門家にも相談すべきです。

最新投稿